KENTEM

↓スクロール↓

会社概要

KENTEMは1992年の創業以来、建設業に寄り添ってきました。
立ち上げから現在に至るまでの道のりをご紹介します。

沿革

  • 株式会社建設システム(KENTEM)は、建設業を対象にしたITソリューションを開発・提供する会社です。前身にあたる「K&Kシステム」を経て、1992年に設立。静岡県を中心に着々とシェアを広げていきました。
  • 設立当初の主力製品は、施工の精度をチェックする「出来形管理システム」だけでしたが、1990年代から2000年初頭にかけての情報技術革新にあわせ、製品ラインナップを拡充。
    建設現場が抱える様々な困りごとと向き合ってきた結果、取り扱うソフトは30種類を超えるまでになりました。計画書の作成、工程管理、工事写真管理……と、建設にまつわるあらゆる工程で活用できます。とくに施工管理での生産性向上や業務効率化の実績があり、大手ゼネコンの90%以上がKENTEMの製品を導入しています。
  • 2022年には事業分野を広げ、安否確認・防災・備災支援サービス 「クロスゼロ」を展開。今後は、建築業界への進出を視野に入れるほか、SDGs(持続可能な開発目標)の達成にも注力していきます。

会社概要

社名
株式会社建設システム(KENTEM) / Kensetsu System Co., ltd.
設立年月日
1992年7月2日
本社所在地
〒417-0862 静岡県富士市石坂312-1 地図を見る
代表電話番号
0570-200-787
資本金
4,000万円
主な事業内容
建設業向け施工管理ソフトウェアの開発・販売
従業員数
464名 / 男:306名 女:158名 (パート社員14名を含む) ※2023年11月時点
関連会社
株式会社アンフープ(オンライン英会話サービス事業:hanaso)
PT. KENTEM INTERNATIONAL INDONESIA(建設業向け ICTツール販売事業)
株式会社ウィズテック(SES、プログラミング教育事業、有料職業紹介、人材派遣)